2013-01-15

同じ名前のビッキー



何の気なしにGoogleの画像検索で

「ビッキー 犬」と検索してみたら


いるいる♪


ビッキーさんと同じ名前のワンコがわんさか♡


その中に一匹

とても目に付く「ビッキー」がいました








印象的な顔の写し出された画像をクリックすると

その犬について書かれたブログが

たくさんあることが分かりました



山梨県の大月市と都留市の堺に標高975、7メートルの

高川山という山があります

実は私・・・

今日までこの山の名を知りませんでした (~_~;)。。。



わんさかいるビッキーの中から見つけた「ビッキー」は

その高川山の山頂に住み着いていた

雑種の犬の名前です









「ビッキー」は2001年の秋頃から

高川山に姿を現すようになったらしく

山を訪れる多くの登山者に愛されていたと言います


その名も誰がつけたのか

いつの間にか「ビッキー」と呼ばれるようになったのだそうです


「ビッキー」は首輪をしていたので

もともとは飼い犬だったのでしょう



厳しい自然の中

たった一匹

暑い夏

寒い冬

大雨も降ったでしょうし

カミナリに怯えたかもしれません


捕獲を試みた人もいたそうですが

「ビッキー」は山を降りようとはしなかったそうです


飼い主が迎えに来てくれるのを待っていたのでしょうか



今日まで高川山さえ知らず

当然「ビッキー」のことなど全く知らなかった人間が

こんな風にブログの記事にしたこと

少し感傷的じゃないの?って思われてしまうかもしれません


でも


高川山の山頂で

健気に逞しく生き抜いて

ひっそりと死んでいった犬のこと


こうして時の過ぎ去った後で

しんみり偲ぶおバカが

ひとりくらいいてもいいかなって

そんな風に思って書きました














6 コメント:

ポキママ さんのコメント...

同じ名前のビッキーさん。
とっても味のある顔をして、かわいいですね☆
たくさんの登山者の人達を癒してあげたんですね
独りぼっちで寒さや暑さに耐え、一生懸命生き抜いて
くれた。。。独りで行きていくために。
でも、たぶんちょっと楽しい事やちょっと嬉しい事も
あったのかも?
こうやってママさんがムービーにしてくれてたくさんの人に
知ってもらってビッキーさんを偲ぶことができて
喜んでくれてると思います☆
ママさん、ありがとう〜。

Coro&Sunny'sDaddy さんのコメント...

このコメントを差し上げる前に「高川山のビッキー」でググってみたら
いっぱいでてきましたよ
登山に来た人に御飯を貰って生き延びていたんですね
私の想像に過ぎませんが「高川山のビッキー」ちゃんは
元の飼い主に「捨てられた」という事を察知して
だったらもう一人で生きていくって「決意」をしたのかも知れませんね
犬っ人間が思っているよりもはるかに賢いから
サニーもぶんたの家の永塚さんから2009年の7月12日に
連れてきて頂いたのですが「今度はここがおまえの家だよ」
わたしが「ここがおまえの終の住処だよ」なんて言葉でいったわけでは
ありませんが永塚さんがぶんたくんとが千葉に帰るときに
まったく追いかけることもなくお見送りした後
直ぐに「お父さんお家に行こうよ」とばかり直ぐに「ここ」にきて
そのまま私のベッドで寝てしまいましたもの
きのうモモちゃんとナナコちゃんのお母さんと
犬と飼ったなら最後まで面倒見るべきだなどとお話したばかりです
貴女の作ったムービー今日の私のブログにリンクさせて頂きます
300人から400人の方が毎日私のブログにアクセスしてくれています
その中に「高川山のビッキー」ちゃんを可愛がってくれた方も
おられるかも知れませんので


vivi さんのコメント...

高川山のビッキーちゃんの過去は誰も知ることはできませんが、山頂から絶対に降りることはなかったということは、過去に辛いことがあって降りてしまうとまた同じことがあってしまうという気持ちがあったのかとも考えてしまいます。

でも、登山者の方々と触れ合い可愛がれてのびのび過ごしてこれたことは高川山のビッキーちゃんは幸せだったと思います。

今回、ビッキーママさんが高川山のビッキーちゃんの為の動画作は、本当に伝わってくるものがあって涙が止まりませんでした。
実際に高川山のビッキーちゃんを可愛がっていた登山者の方々やいろんな方に見ていただきたいと思いました(>_<)
天国で天使となった高川山のビッキーちゃんは喜んでいると思います(^^)

piyopiyo0215 さんのコメント...

【ポキママさん♡】

ほん気まぐれで検索したら、
もう忘れることはできないだろうな~って
そんな犬に出会ってしまいました。
高川山のビッキーは山頂での生活の中
良いこともあったのだろうと思います
でも、
登山者の来ない季節はひもじかったろうと
山の自然はあまりにも厳しかっただろうと
思えてしまってたまりませんでした
犬はいつの時も健気ですネ
今は亡き高川山のビッキーの冥福を
心から祈りたいと思います



piyopiyo0215 さんのコメント...

【Coro&Sunny&Daddyさん♡】

リンクして下さりありがとうございます
私のように山登りもしない人間が
高川山のビッキーのフォトムービーを
アップしてもいいのかどうか
少し迷いまいたが、こんな健気な犬がいたんだよって
知って欲しくてアップしてしまいました
Daddyさんのおっしゃるとおり
人間なんかが思っているよりも
はるかに犬は賢く、そして誇り高いと
私は思います。
高川山のビッキーがどんな一生を送ったのか
想像することしかできませんが
素晴らしい犬であったと思います

piyopiyo0215 さんのコメント...

【viviさん♡】

厳しい山での生活だっただろうけど
ビッキーは、自由に野生の中で暮らせたから
下界で繋がれたまま世話もしてもらえず
愛されもせず飼われている犬よりは
ずっとずっと幸せだったと思います
でも
もともとの飼い主が、生涯愛して大切に
してあげていたなら
ビッキーはもっと幸せではなかったのかなって
そう思えてしまうのです
今の世の中、犬の幸不幸は100%人間次第
そんな命を不幸にしたら
いけないのだと思うのです