2013-06-02

日曜日の待合室で・・・



今日

ビッキーさんは

年に一度の予防注射と

2か月に一度の定期検診の為に

かかりつけの動物病院に行ってきました








今回もおしっこが薄いという検査結果が出たのですが

他に悪いところが無いので

次回の検診まで再び様子を見ることになりました

とりあえずは・・・一安心(*´∀`*)♡








日曜日の午後の動物病院は

複数のワンコにゃんこで混んでいたので



診察までの間

ビッキーさんはパパと一緒に

車の中で待っていました















私が待合室で順番を待っている時のこと





同じように待合室で

順番を待っていたゴールデンレトリバーがいました


見た目はまだ若そうで

5~8歳くらいかな?(よく分からないけどネ(^◇^;)。。。)



かなり太っていて

ハァハァと荒い呼吸をしていました












そのゴルちゃんが呼ばれて

ご夫婦らしき飼い主さんたちと

診察室に入っていったあとの床には

広い範囲にわたって血がついていました



診察室から先生の声が聞こえて来ます
(聞こうと思わなくても聞こえちゃうんです (^_^;)。。。)


ゴルちゃんは

二つの病気を併発していて

一つだけなら治療の仕方もあるのだけど

併発しているので

その方法がとても難しいらしいのです


漏れ聞こえてきてしまう診察内容は

とても深刻なものでした


見も知らぬワンコと飼い主さんだけど

切なくて胸が苦しくなりました

どうか良くなりますようにと

心の中でギュッと手を合わせました













二つある診察室の

もうひとつからは55~60歳くらいの女性が

一匹の犬を抱きかかえて出てきました


その犬はかなり高齢のようで

若い頃は15~18キロ程はあったであろう体は

背骨がくっきりと浮き出るほどガリガリに痩せていて

小さくなったお尻にはオムツをしていました


下半身もマヒしているように見えましたが

表情はしっかりとしていて

可愛らしい目で周りの様子を見ていました


犬を抱いた女性は病院の外のベンチに座っていた

ご主人らしき男性にその犬を預けました




受け取った男性は

持っていたバスタオルで犬を包み

頭からお尻にかけて

心配するように

いたわるように

優しくさすっていました


マヒした下半身をそっとマッサージしていました


愛おしそうに

本当に愛おしそうに

犬を抱き寄せて

その顔に自分の顔をくっつけて

オデコをクリクリしながら

優しく笑いかけていました



窓のガラス越しに見ていた私・・・


じぃ~~~ん・・・♡


感動して

思わず泣きそうになってしまいました♡













待合室で私の隣に座っていた

おじいさんの懐には

一匹の猫が抱かれていました

手足を天井に向けて

可愛らしく仰向けで抱っこされていました

猫のお腹は包帯で覆われていて

隙間から傷口のようなものが見えていました











日曜日の動物病院

いつもより余計に混み合っていた待合室



待っていたのは

1時間くらいだったかな



出会った

ワンコやにゃんこ



きっと一期一会の

ワンコやにゃんこ




どの子も


どの子も


どうか健やかに


痛みや辛さに苦しめられることなく


健やかに


健やかに



そう祈らずにはいられない


心が揺れる


日曜日の午後でした




















12 コメント:

Coro&Sunny'sDaddy さんのコメント...

確かに出逢ってしまった子は気になりますよね
私は幸いな事に不幸な子には出逢っていません
あの太郎君だってそれなりに健気に生きているようですし
毎日だれかかれかが面倒見てくれているようですので
ものを云えない犬や猫達だからこそ
生まれて来たら幸せでいて欲しいですよね
人間でも病気にはなりますたとえ病気になったとしても
最後まで慈しんで看取ってあげれば良いのではないでしょうか
そうならその子の一生は幸せという事になると思います

ヒロシママ さんのコメント...

スマホにかわって悪戦苦闘しながらYouTubeで偶然にビッキーちゃんに出会いました

6才にして顔や身体が白っぽくなっていくヒロシを見ていて歳をとっていくのが悲しくて認めたくなかったけど…

とても愛されてとてもワンちゃんには見えないほど豊かな表情で歳を重ねてるビッキーちゃんを見て「これもありかな」と思えるようになりました



一期一会、袖すり合うも多生の縁…

飼い主さんの思い手とにとるようにわかります

そしてその飼い主さんの気持ちに心寄せていらっしゃるビッキーママさんの優しさも伝わってきましたよ

takataka さんのコメント...

病院での出会いは
楽しかったり
辛かったり
いろいろですね

お互い笑ったり
励まし合ったり
わずかな時間でも
何気ない会話が
自然と始まりますね

ビッキーちゃん
お疲れ様

jun さんのコメント...

病院って
色んなドラマがありますよね
ほんの短い時間でも
去年ジュンが通院していた時も
  見知らない人から頑張ってなんて声かけられました
ジュンも頭を撫ぜてもらい、嬉しそうに尻尾振ってましたよ

ビッキーちゃん今回も何でも無くって良かったです
 ただ、おしっこ薄いのは今後腎臓病になりやすいので
普段よりお水飲むようになったり
  おしっこの回数増えたりしたら
即検査して下さいね

サンハハ さんのコメント...

こんにちは♪
365のsanta_ryo_haha、サンハハです。
いつもビッキーちゃんの穏やかな笑顔にホッとする時間をいただいています。
こっちにはもっといっぱいビッキーちゃんがいた~*^_^*)

ワンちゃんと飼い主さんの数だけ、いろんなドラマがありますね。
飼い主さんそれぞれ、愛情表現の仕方は異なるのだろうけれど・・・
全て犬が
「生きててよかったよ、あなたのそばで、よかったよ」って
そう思える犬生を送れますように。
心からそう願います。

またこちらのビッキーちゃんにも会いにお邪魔しますね~!

maho さんのコメント...

そうですね。病気はつらいけど病院に来れる子は幸せかもしれない。
「ワンコに保険が効かないから…」と、よく聞きます。(アニマル保険もあるにはあるけど)
わんこがほんとうは、どうしてほしいと思っているのか?
最近、考えさせられているmahoです。

人間も、意識が無くなる前にどうしてほしいかどっかに書いておかなくちゃ…

ビッキーちゃんもおしっこ薄いんですか?Chocoも、またオシッコ検査行って見なくちゃ…(先回薄かったです。)

piyopiyo0215 さんのコメント...

【Coro&Sunny&Daddyさんへ♡】

そうですね
私がこの日出合った犬や猫も
それぞれ病気を抱えているようでしたが
どの子も飼い主さんにとても愛されてるようでした
幸せな子達だと思います

ビッキーが13歳になって
つい高齢の犬や病気の犬を見ると
ビッキーと重なってしまい
気になってしまいます

ホントに困ったものです(^_^;)


piyopiyo0215 さんのコメント...

【ヒロシママさんへ♡】

そんな風に言ってもらえると
照れてしまいます(〃ω〃)

ビッキーが小さい頃には子犬に
ビッキーが年を取ると、高齢の子達に
どうしても目がいってしまいます
どの子もどの子も
元気で長生きして欲しいです
痛かったり辛そうな姿は
見ていて、本当に辛いですね

piyopiyo0215 さんのコメント...

【takatakaさんへ♡】

病院には、当然何度も行っていますが
この日のように色んな病気を抱えた犬や猫に
あったのは初めてだったような気がします

重い病気の子もいたけど
どの子もとても愛されて
大切にされているようでした♡

piyopiyo0215 さんのコメント...

【junさんへ♡】

ありがとうございます
10歳の時に初めて健康検診を受けて
その時に「おしっこが薄い」と言われました
それ以来
一年に一度血液検査を受け
2ヶ月に一度尿検査を受けています
今のところおしっこが薄い以外
幸いなことに異常なところは無いようです

これからも元気で長生きの為に
ビッキーの様子には気をつけますネ♡

piyopiyo0215 さんのコメント...

【サンハハさんへ♡】

あら~♡
来てくれたのね(*´∀`*)
嬉しいな♪

小さな頃からミルクをあげ
寝る間も惜しんでお世話をして
そうやって巣立ってゆくワンコを
見送るのは何とも言えないだろうと
想像します
淋しさも嬉しさも
時には不安もあるのでしょうね

本当に頭の下がる思いです

365も飛び飛び
ブログも飛び飛アップの私ですが
これからもどうぞよろしく
お願いします(^O^;)

piyopiyo0215 さんのコメント...

【mahoさんへ♡】  

そうなんですよ
3年ほど前に受けた健康検査で分かりました
それからも気をつけているのですが
定期的な検査では
他に悪いところも見当たらず
経過観察しています
Chocoちゃんもビッキーも13歳
本当に元気で長生きして欲しいですね