2012-10-04

もらうものばかり・・・



あるブログにありました

「犬との生活はもらうものばかり」だと・・・





12年前

もともと犬が苦手で

姉やんの「犬を飼いたい」と言う情熱に泣く泣く負けて

犬を飼うゾ!と決めた時


私の頭の中は・・・


犬を飼ったら

うんこ拾わなくちゃならない (/ω\*)やだ~

散歩行かなくちゃならない (゜´Д`゜)面倒臭~い

耳掃除も

餌やりも

あれもこれも

なんもかんも

お世話しなくちゃ~!ならない! (; ̄ェ ̄)どよ~ん

・・・ってことばっかりでいっぱいでした












犬との暮らし

やってあげなきゃならない事ばかり

大変だナ~って


そういうことしか

浮かびませんでした


それまでは

犬の事なんて

何にも知らなかったし

犬の事なんて

知ろうとも思いませんでした











2000年4月1日・・・


あれから

12年と6ヶ月と4日


何と言う事でしょう (*´◡`*)♡



こんな小さな存在が


ただ

そこにいるだけ











ただ

そこのいるだけなのに


見ているだけで

元気が出るのです♪


なでてるだけで

幸せな気持ちになるのです♡


こうして

ビッキーさんのブログを書いているだけで

楽しいのです ( ´▽`)))










本当に・・・


犬との生活は


もらうものばかりが


いっぱいです♡



ビッキーさん


ありがとう









愛してる (´ε` )プッチュ♡













2 コメント:

Coro&Sunny'sDaddy さんのコメント...

いまを遡る16年と4ヶ月程前
私の仕事仲間のYくんに外飼いされていたビーグルが
脱走して子供を6匹孕んでしまいました
自分の所では全部飼えないし、処分するのは可哀想と
いうことで私の所に一匹飼ってくれないかとの連絡がありました
私は乗り気ではありませんでしたが、女房が乗り気だったので
Y君宅を訪れたとき、彼の家の茶の間に全員連れてきて
「どの子がいい?」っていわれたとき
私に真っ先に駆け寄ってきてぽんと抱っこをしたのがコロでした

繋ぎっぱなしは絶対嫌だという事で庭にフェンスを設け
出入り口には犬くぐりを設けて
以前二階を弟子の住み込み部屋に使っていた
一階の物置小屋に簀の子の上に毛布を敷いてひとりでおいておきました

私の母屋は比較的小さく仕事場に16畳取ってあるので
二階の8畳間に息子、隣りの6畳間に私達夫婦が寝泊まりしていましたが
狭いのでレコードや本やVHSなど私の趣味関係の物は
現在サニーと寝泊まりしている物置の二階においてありました
次男坊が私のレコードを物色するために私と二階にいた時
とことこと階段を昇ってコロがやってきました
そしてカウチソファの上で気持ちよく寝てしまいました
その日から女房との家庭内別居が始まりました

犬は馬鹿な人間のように駆け引きをしたり
見返りを求める事なんて事はしません
愛情を注げば無償の愛情で返してくれます

アンちゃん幸せな犬生でしたよ家族全員に愛されて
冷たくなった彼女の体を撫でていたら
走馬灯のように彼女とコロの事が脳裏によぎり
しばらくの間涙が止まりませんでした

piyopiyo0215 さんのコメント...

【Coro&Sunny&Daddyさんへ♡】

トトちゃん、目が大きくて可愛い♡(*^◯^*)
なんとも愛嬌のあるお顔で、とても可愛い子ですネ
動きもビーグルらしくチョコチョコしてて
落ち着きなさげで、親近感を覚えます

Daddyさん、犬のための家庭内別居、微笑ましくて
たまりませんよ
ビッキーと暮らしていて思います
犬を本当に好きな人は、まず犬の気持ちを大切にするナ~って
Daddyさんは、本当に犬が好きなんですね
コロちゃんの気持ちを一番に大切にしたんですネ

とても微笑ましくて、良い気持ちです